zukazakaの日記

ヅカビギナーによる妄想

うらら嬢は何故退団してしまうのか

 

ゴージャスな娘役として唯一無二な立ち位置にいらっしゃる

伶美うらら

 

いつまで引きずるんだよって感じですけど、彼女の退団理由を超妄想してみました。

 

 

■娘役に求められる高音域が出せない

 

これはもう、何度も書いてることなんですが…。

地声が低くて、高い声が出せなかったのが、うらら嬢がトップ娘役になれないまま辞めるきっかけとして一番大きかったように思います。

 

 

そもそも、ここ最近の劇団はトップ娘役に実力を求める傾向があると思います。特に歌。

 

 

ちょっと前までは、夢咲ねねちゃんや野々すみ花ちゃんのようなバービー人形のように顔が小さくてクリクリお目目の、身体の細い娘1が多く無かったですか?

エリザベートをやった時のかちゃ(凪七瑠海)も、本当にお人形さんのようでした。

 

 

決して今挙げた方たちが実力不足と言っているわけではなく。

当時の劇団は実力よりも本人の持つ華だとかスター性を重視していたように思います。

 

 

そして当時と比べると、今の劇団は歌劇団として以前よりもずっとずっと歌やダンスの実力やバランスを重視するようになってるように感じます。

 

 

 

■キャラが強すぎる

 

うらら嬢の魅力のひとつでもある、溢れ出る大人の色気やゴージャスなお顔

このキャラの強さが、男役たちにとってはプレッシャーになっていたのかもしれません。

 

 

他の可憐で可愛らしい娘役さんとは違い、うらら嬢のオーラは圧倒的な美。彼女をかしずかせるために必要な『男役力』を持つ男役さんはそう多くないのではないでしょうか。

 

 

ただ、次期トップ男役の真風にはその男役力が充分あると思うのです。

 

だからこそ、「まかうら」の組み合わせを見られないことを悲しむ方が大勢いらっしゃるのだと思います。

 

 

 

■…もしかして、結婚?

 

あの蘭寿とむ様がお嫁さんになるのなら、うらら嬢だって可能性はありますよね。 

 

 

 

 

個人的にはジェンヌが幸せになってくれるのが一番嬉しい。

 

 

神々の土地でうらら嬢がその圧倒的な美を十分に発揮してくれて、退団後、今よりも幸せに過ごせますように