zukazakaの日記

ヅカビギナーによる妄想

新日本青年館についてルポ

こんにちは〜〜

今日も元気に働いている私です。

 

この間、星組阿弖流為』の前楽を観に行きました!

 

f:id:sakimikan:20170807154545j:image

(アシタカみのあるこっちゃん、超かっこいい!) 

 

 

 

こけら落としの公演が宝塚なんて名誉だな~~いちファンとして嬉しい!!

 

ってことで、せっかくなので新日本青年館の感想をルポにまとめてみました〜〜^^

 

 

 

■新日本青年館、入り口~座席まで

 

建物自体は竣工したてで綺麗な建物でした!入り口は少し分かりづらかったかな?でも、すぐ見つけられる所にあったので特に困ることは無さそう。

 

 

ただ、トイレの数が少なかったり、ホール入り口に貼られた座席表がまさかの紙(!)でホール内の床にバミリで座席番号が貼ってあったり、、、

 

 

随所に(大丈夫か…?)と思う点はありました。特に座席表くらいはちゃんと作って欲しい!笑

座るまでは少し混雑していましたが、幕が開いてからは機材トラブルなど無く、落ち着いて観劇することができました。

 

 

 

座席の特徴としては、2階の座席全体が大劇場よりも鋭角に広がっていたように思います。今回、2階席からの観劇だったのですが、いつもより舞台が手前に見えたように感じました。見え方としては劇団四季と似ていたかな?

 

 

 

 ■新日本青年館、舞台装置に関して

 

あとは、舞台装置について!

びっくりしたのが大きな柱状のパネルがプロジェクターになっていたこと。

 

演出でこのパネルをフル活用してました!!こけら落としだからたくさん使ってくださーいとか注文あったのかな?ちなみに活用の仕方は、基本は森の様子だとか燃え盛る炎だとか、背景美術の代わりとして使われてました。

 

その他にも、難しい地名が出てきたときに地図をパネルに写したり、パネルに映し出された人影をこっちゃん(礼真琴)が斬って斬って斬りまくるシーンが用意されていて面白かったです!

ちなみに、映像の中で人影が倒れるタイミングとこっちゃんが人影を斬るタイミングがばっちり合っていて、すごくカッコ良かったです。練習の賜物ですね〜。

 

 

あとは、阿弖流為vs坂上田村麻呂の場面前に上手下手にそれぞれの写真が映し出されたり、馬に乗るシーンが舞台上パネルオンリーになったりと(若干笑い起きてたけど)もうパネル無しでは上演できない!というくらい大活躍でした。

観たことは無いのですが、2.5次元の舞台ってこんな感じなんじゃないかな〜と思います。

 

 

日本青年館の感想はこんな感じです!

次は『阿弖流為』の感想〜〜