zukazakaの日記

ヅカビギナーによる妄想

星組『阿弖流為』を観て、星組の未来が明るいことを確信

 

『神々の土地』についてしか書いてなかったので、他組とのバランスを取りたい。

 

 

ので!先日、観に行った『阿弖流為』についてルポ(レポ?)します

※もう公演が終わってるのでネタバレご容赦です🙏🏻

 

 

 

 f:id:sakimikan:20170821235847j:image

 (このくらっちのせお感がツボ、、)

 

 

 

主演のまこっちゃん(礼真琴)は相変わらず妥協しないストイックな姿勢。生粋の星組男役な熱くてちょっと泥臭い魅力的で安定した演技。そして寸分たがわぬダンスと宝塚の枠を超えた歌声。

 

観る方も背筋が伸びるような、完成度の高い優等生オーラを感じました。歌と芝居とダンスが心から好きなんだろうなぁ、、。

 

 

生まれながらのリーダー気質を持った阿弖流為は、まこっちゃんにぴったりのお役だったと思います。

真ん中に立つ姿は堂々としていて、貫禄さえ感じました。場数も素質も何もかもが頭ひとつ飛び出ている彼女のキャラクターと阿弖流為が被さり、まだ若い阿弖流為が兵士を束ねるリーダーになる流れも納得。

 

 

そして最後、非業の死を迎えたまこっちゃんがくらっちの幻想の中で蘇るシーン。

 

 阿弖流為が持っている人望や温かい人柄、包容力がギュッと詰まっていたこと。そして妻への変わらぬ愛情に泣きそうになりました。

 

 

 

阿弖流為の親友であり、敵対した坂野上田村麻呂は、美しさと生真面目さが溢れた美剣士。せおっち(瀬央ゆりあ)にとって最高の当たり役だったのではないでしょうか。

 

自分の信念や思考に自信があって、欲まみれの貴族に対しあからさまな敵対心を剥き出しにする青二才で頑固な演技が何故かエロくて最高。

 

立ち振る舞いに迷いがなく、以前よりずっと真ん中が似合う男役さんになっていました。

 

 

 

そして先日、退団を発表した夏樹れいさんとしーらん(壱城あずさ)、ベルリンから娘役に転向する音咲いつきさんの3人の熱演は本当に凄かった。

全編を通して皆んながのびのびと演技してたのは上級生である彼女たちが男役として出来る全てを出し切って演技されていたからだと確信しています。

 

 

 

 

さいご!下級生で1番気になったのが

颯香凜くん。

f:id:sakimikan:20170822003129j:image

 

颯香 凜(さやか りん)

101期生

あだ名 クリスティーナ 

 

 

すら〜っとした長身と滑舌の良さに目を引かれました。そしてオペラを覗くと声質やお顔の感じが元星組トップスター 北翔海莉さんに本当に似ている。

彼女の歌、聞いてみたいなぁ。。

 

物語では阿弖流為と坂野上田村麻呂の架け橋のような大事なお役を任されていました。長身とふわふわとした身のこなしが謎の人物感があって良かった!

 

 

なんだか長くなってしまったうえ、娘役さんの感想が書ききれなかったのですが今回はここらへんでおしまい。

 

 

今日も、最後まで読んでくださりありがとうございます!!