zukazakaの日記

ヅカビギナーによる妄想

花組2018年下期は、天草四郎とBEAUTIFUL GARDEN

 

少し前に花組の下期大劇場公演が発表されましたね〜

 

 

http://kageki.hankyu.co.jp/news/20171127_001.html

 

ミュージカル
『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』
作・演出/原田 諒

江戸時代初期、幕府による禁教令が発布された後も、九州・天草の地には数多くのキリシタンが隠れ住んでいた。そこに一人の男が流れ着く。自らの過去を多く語ろうとしないその男は、キリシタン大名だったかつての領主・小西行長の遺臣によって拾われ、四郎と名づけられた。周囲の人々に頑なな四郎だったが、一人の娘との出会いを通じてキリシタンの教えを知ることになる。その頃、肥前島原藩主によるキリシタン弾圧と過酷な年貢の取り立てに、民衆たちの我慢は限界に達していた。天草、そして島原の人々の為、立ち上がることを決意する四郎。はたして彼は真の救世主(メサイア)となり得たのか、そして人々の心に何を残したのか……?
島原の乱の指導者として多くの伝説を残し、今もなお謎多き人物として異彩の魅力を放つ天草四郎時貞の姿を、新たな視点でドラマティックに描き出した作品。従来の日本物の枠にとらわれず、衣装や美術に現代的なエッセンスを加味した、新たな日本物オリジナル・ミュージカルとしてお届け致します。

 

ショー・スペクタキュラー
『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』
作・演出/野口 幸作

百花繚乱、色とりどりの花が咲き薫る永遠の花園、タカラヅカ
そのなかでもひときわ美しく大輪の花を咲かせる明日海りお率いる、比類なき美の宝庫・花組の魅力の全てを盛り込み、「花美男子(HANAOTOKO/ハナオトコ)」の誘惑に心ときめき、「花美乙女(HANAOTOME/ハナオトメ)」の優美な姿に酔いしれる、絢爛豪華で大人の雰囲気のショー作品。
野に咲く花々のように麗しく美しく芳しく、夜空を彩る花火のように熱く激しく妖しく、そして鮮烈に!
古今東西の名曲と美しいコスチュームの数々で、花にまつわる恋人たちの愛と夢とロマンを描く、めくるめくエンターテインメント・ショーにご期待下さい。

 

 

 

◼️あらすじ読んでみての所感

 

天草四郎、生田先生だったら喜んでたなぁ…。 って声をチラホラ見かけます。

 

同感です。

 

ただ、明日海りおの天草四郎のビジュアルには大いに期待。美少年続きだなぁ。

 

 

 

そして、ビューティフルガーデン。

野口先生が水美舞斗を使い倒すのでは?!と一部ファンが盛り上がってましたね。

 

 

…全然あり得そう。

 

今回のスーパーボイジャーも賛否両論ありますが、このショーも思いついたこと全部詰め込む感じになるのかな?

まだ雪組を観てないのでなんとも言えませんが、とりあえず華やかにはなりそう。

 

 

 

みりおさん、またも大好きなお花屋さんですね。ふわ〜って喜んでるみりおが目に浮かんでニヤける…。笑

そしてニヤケながらも大丈夫だよね?誰も辞めないよね??と心配するモンペ。

 

 

 

不安要素はありますが、楽しそうな演目で嬉しい♡

他組の下期演目も気になる〜〜

今日も、最後まで読んでくださりありがとうございました😊